車の修理の基礎知識

修理業者にもいくつかの種別があります。そうした中でもどこに頼むのがよいのかは、なかなか判断がつきにくいかと思います。そこで、大別したいくつかの修理業者のメリットやデメリットを理解する事が業者選びの第一歩だと思います。そこで、各業者のメリット、デメリットをわかりやすく整理し、解説したいと思います。

目的に見合う修理先の探し方

車傷の修理業者を決めるには、そもそもの修理業者の種別ごとのメリット、デメリットを理解し、その上で、修理をする上で何を求めるのか、プライオリティーは何なのかをはっきりさせる事が大切です。それが見えてくると自ずと修理先も見えてきます。ここでは、何を優先させるのかを考えてもらいたいと思います。

修理先の良し悪しの見分け方

修理業者の良し悪しを見分けるのは、至難の技かも知れません。しかし、情報収集のやり方や情報収集の際のポイントを明確にする事で、修理業者の良し悪しも少しは判断できるようになると思います。加えて、修理業者の懐に入り込む事で、よい業者を見分ける事が出来ると思います。ここでは、いくつかのポイントを整理します。

修理の依頼先はどこがよい

いきなり私ごとですが、以前車庫に入れていた車に恐らく十円玉程度のものだと思いますが、車のボディとボンネットにキズをつけられたことがありました。その時はあまりにも悪質だった為、保険会社にお願いしてカーディーラーにある整備工場で修理してもらいました。もちろん代車も用意してもらいました。
しかし車のキズはこんなケースばかりではなく、ちょっとしたキズや小さなキズがついたり、何らかの理由でつけられたりするケースが多々あると思います。保険で処理するのもわずらわしかったり、そこまでの大ごとではなかったりしますよね。そんな時は、早く、安く、手軽に修理してもらいたいですよね。
でもどうするのがよいのかなかなかわかりませんよね。カーディーラーにお願いするのがよいのか、近所の個人経営の整備工場にお願いするのがよいのか、チェーン店のカーショップでお願いすべきなのか、考えてしまいますよね。
詳しく考える前に、まずはそもそもの車のキズの治し方についての基礎知識を理解しておきましょう。

車のキズの修理は「板金塗装」と言う技術で修理します。
「板金」とは、外からのダメージによって本来の形から変形してしまった状態を元に戻す作業のことです。へこみや歪みが生じた箇所をハンマーや特殊工具を使って修復します。
「塗装」は、修復部分を元のボディーカラーに塗装することです。
「鈑金塗装」の塗装工程は、鈑金により形状を修復された後に行います。
「塗装」では修復部分の表面を磨き上げ、下塗り・本塗り・クリアの3工程で行います。
車のボディーカラーに応じた塗料調合は正に職人技です。
こうした特殊技術の上に車のキズ修理の技術「板金塗装」があるわけです。

おすすめリンク

車のウロコ取りとは

車のウロコ取りって何?やっておかなければならないウロコ取りについてご説明します。