>

車の修理の基礎知識

このコラムをシェアする

各々の修理先のメリット

車のキズの修理をする際、その依頼先として主にカーディーラーおよび整備工場、個人の修理工場、フランチャイズ店がありますが、それぞれのメリットを見ていきましょう。
まず、カーディーラーおよび整備工場の場合は、お店の規模が大きく、綺麗で清潔感があります。入りやすく、代車も綺麗です。新品部品などは正規品を使ってくれますし、大手なので安心感があります。
個人修理工場の場合は、地域密着型で親切です。中間マージンがないため比較的低価格です。パーツも持込が可能でだったり、予算に合わせて対応してもらえます。
フランチャイズ店の場合は、価格が安く、お店に入りやすい、ガソリン入れたついでなどに気軽に聞けたり、あまり時間が掛からない、大手なので安心感がある、見積もりも無料でやってくれるなどの利点があります。

各々の修理先のデメリット

次に各修理先のデメリットについて紹介します。
カーディーラーおよび整備工場の場合は、とにかく料金が高いです。代車はレンタカーになるため別料金、個人店に外注している事が多く、どこに出されるかは不明。納期までの時間が長いなどが挙げられます。料金が高い一方で、その裏返しとして、メーカーとしての安心感や信頼感、仕上がりの良さを売っていると考えられます。
個人修理工場の場合は、店が汚く、店ごとに仕上がりに差があります。代車は汚く、個人店のため不安もあります。一方で、ディーラーの仕事を請け負っている工場も多く、長年務めるベテランも多く、腕や経験、知識はダントツです。
フランチャイズ店の場合は、代車費用が掛かる、ベテランがいないため不安、あまりキレイに治らない、設備が整ってない、損傷状態により断られることがあるなどが挙げられます。
こうした点を踏まえながら依頼先をどこにするか選択してください。