>

修理先の良し悪しの見分け方

このコラムをシェアする

修理についての情報収集

ここでは業者の情報収集をするにあたり、いくつかのキーになるポイントを紹介します。
ポイントは6つです。
一つ目は、塗装ブースが専用になっている事。すなわち仕上がりにこだわっているということです。
二つ目は、接客です。誠意を持って丁寧でわかりやすく説明してくれるかどうかです。つまり信頼できる業者かどうかという事ですね。
三つ目は、費用です。判断が難しいですが、悪かろう安かろうでも困るので、妥当性をどう判断するかです。なので、事前に見積もりを取ることをお勧めします。
四つ目は、仕上がりです。
これまでの仕上がりがわかる写真などを見せてもらうとよいでしょう。
五つ目は、修理に入っている車の数です。人気のバロメーターですね。
最後は、納期。混み具合にもよりますが、大事なポイントですよね。

これらの部分をチェックして業者を探しましょう。今はインターネットや口コミで簡単に調べられます。さあ、始めましょう。

修理を買うという事

修理というのは単に作業を買うのではなく、その業者または、その人を買うことではないでしょうか。
この人になら大事なクルマを任せられると思える業者を探すことです。
ですから、いろんな業者の情報収集を行い、口コミや評判などを参考にしながら、業者をいくつか絞り込み、電話や来店して、お店の方と直接対話してみることをお勧めします。
その際に、真摯にこちらの質問や要望に答えたり、対応してくれるのかは非常に重要なポイントです。
修理してくれるのはどんな人なのか、受付や対応者だけではなく、修理担当者と親しくなると、お願いもしやすくなったり、サービスもしてくれるようになるかもしれません。
単に修理をお願いしたり、されたりする間柄ですが、人と人との関わり合いですので、お互いに気持ちよく接したいですよね。
そして、心から信頼できる修理業者とおつきあいしたいですよね。
是非、信頼できる修理業者を見つけてください。